見学予約、お問い合わせもお気軽に042-645-1356
見学予約、お問い合わせもお気軽に042-645-1356

職場の先輩たち

海外
看護師
カンボジアでの活動を経て
広がった『看護師の枠』
北原国際病院 配属
笠原 明日香 Kasahara Asuka

「カンボジアに総合病院をつくる。それをひとつのモデルケースとして、ゆくゆくは日本の医療を輸出産業に育てたいと思っている」。はじめて北原理事長と出会ったときのこと、いまも鮮明に覚えている。なんて夢のある大人なんだろう。こんな人と仕事したら、きっと楽しいだろうな。2010年の1月。私は、自由きままな派遣看護師の生活に終止符を打ち、北原への入職を決意しました。

このカンボジアプロジェクトは、経済産業省と日本の製薬会社、医療機器メーカー、商社、ゼネコンなど様々な企業が参加する国家レベルの巨大事業。日本が誇る医療技術を海外に輸出することで、自動車や電化製品のように外貨を稼ぐ手段にしていこうというお話です。なんだか話が大きすぎるなぁ。よくわからないなぁ。そう思うかもしれませんね。私も、最初はちょっとそう思ってました。けど、このプロジェクトに関わって約5年。いまでは、こんなに意義深い仕事は他にないとつよく感じています。

 

カンボジアは、1991年まで内戦が続いた影響で、医療の発達が遅れています。特に脳疾患は技術も、必要な機器も揃っていない状態。人々は自国で治療を受けられず、わざわざシンガポールやタイ、ベトナムに渡って手術を受けたりしている。時間もお金もかかりすぎます。私たちがカンボジアに病院を建てることは、外貨を獲得するためだけじゃない。そこで暮らしている人々を、幸せにするためでもあるのです。

いまは2016年春の着工に向けて、いろいろと準備を進めている段階。私はカンボジアの医療事情や患者数の調査をしたり、現地駐在員として2年間カンボジアで活動もしました。現在は、新病院で働く予定のカンボジア人研修生たちのお世話係として、日本での研修を支えています。この5年で、いろいろな経験をさせてもらいました。

はじめてのことだらけだし、そもそも私はただの看護師だし、悩むことも多いです。そもそも私、プライベートを大切にしたくて、派遣をやってた人間ですから。でもいまは、本当に毎日が充実していると感じています。とにかくこのプロジェクトを成功させたい。看護師としてという前に、人として、カンボジアの人々を支えたい。理事長に出会ってよかった。こころから、そう思っています。

 

「医療の国際展開」
海外事業採用説明会
お問合せ・資料請求フォームへ

プロフィール
2004年 正看護師国家資格取得 2010年 北原国際病院入職後、カンボジア事業に携わり、約3年半カンボジアにて活動。 また、NGO日本医療開発機構の事務局員として活動中
職種概要
看護師

●ひとりの患者さんを継続して看る:
全病期を看ることで、急性期から社会復帰を見据えた看護が提供出来る

●自然と身に付く知識・技術:
救急・急性期〜回復期をフレキシブルに移動する事で、自ずと看護力が上がる

●看護師全員が顔見知り:
病棟間を移動するため、顔見知りが多くなり、病棟毎の壁がなくなる

合わせて見る
〒192-0045
東京都八王子市大和田町1-7-23