見学予約、お問い合わせもお気軽に042-645-1356
見学予約、お問い合わせもお気軽に042-645-1356

職場の先輩たち

PT
理学療法士
病院という枠にとらわれない
挑戦できる職場
北原国際病院 配属
西尾 匡紀 Nishio Masaki

2025年以降、理学療法士は5万人以上余剰になる可能性があると言われています。自分の周りでも多くの人が新たな分野へ職域拡大を図っており、自分も早い段階で今後伸びそうな分野に関わっていたいという気持ちが強くありました。理学療法における成長分野はヘルスケア、在宅医療、高度急性期医療、再生医療、海外事業であると考えていましたが、ヘルスケアでは既存の一般企業との職域の取り合い、介護保険分野においては今後、待遇が好転するイメージが湧かず、結局は減少していくパイの取り合いをするのかと感じていました。KNIには「医療を輸出する」という理念がある事を知り、これは理学療法士だけではなく、日本の医療、海外の医療も好転させることができるのではと思い入職を決めました。

recruitType現在。私はカンボジアのサンライズジャパンホスピタルで臨床とリハビリテーション部署の管理、カンボジア人の教育、広報を行なっています。カンボジアに渡航前は一般的な理学療法士としての勤務に加え、管理業務を行っていました。

北原国際病院ではNST、口腔、RST、循環器などの様々な専門資格を持つスタッフによる専属チームがあり、大手企業との共同開発や海外事業を含む独自の取り組みに関わることができます。既存のリハビリの枠にとらわれない働き方が求められる為、人間として、社会人としても成長する機会が多く、それがカンボジアで働いている私の基礎になっていると思います。

「自由な風土、成長しやすい環境」

recruitType今までも常識にとらわれないように働いているつもりでしたが、気付けば自分が思っている「医療」という枠組みの中で、決められた業務を決められた範囲内でやっていたなと感じます。医療とは人間の健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動です。病院内や在宅で運動するだけではありません。今まで誰も「やったことがない」「やれてないこと」で簡単にできることなんてないですが、そこに気づき、挑戦できる職場だと感じます。枠にとらわれずに取り組み、科学的な裏付けを取っていくことが自分たちの行うべきことではないかと感じます。

ここでしか出来ない、自分たちにしか出来ないものを一緒に作りましょう。
私たちと一緒に新しい医療を切り開いていきましょう!

海外事業採用説明会

お問合せ・資料請求フォームへ

プロフィール
2009年 埼玉県の総合病院へ理学療法士として入職。5年間勤務後、2014年に医療法人KNI 北原国際病院へ転職。 「日本の病院まるごと輸出」と称される日本政府の施策 第1弾の事業として2016年9月にオープンするカンボジアの病院 Sunrise Japan Hospitalではリハビリ科長としてカンボジア人PTを管理・教育し、カンボジアに日本のリハビリを提供する。
職種概要
理学療法士

●急性期は365日介入を実施:
発症当日からの超急性期リハを実施しています!

●呼吸療法認定士在籍:
急性期の脳卒中患者にかかせない呼吸理学療法。そのスペシャリストが在籍しています。

●理学療法士の枠を超えた自由な業務形態:
海外事業や自由診療、新規事業開拓など多彩な事業を展開しています。他の病院では出来ないチャレンジができます。

●1年目から24年目までの数多くのスタッフが在籍し、スキルアップしやすい職場です。

合わせて見る
〒192-0045
東京都八王子市大和田町1-7-23