見学予約、お問い合わせもお気軽に042-645-1356
見学予約、お問い合わせもお気軽に042-645-1356

職場の先輩たち

Ph
薬剤師
薬剤師を超えた先の自分
北原国際病院 配属
栗原 みずき Kurihara Mizuki

栗原2s「世のため人のため」

この言葉は私が小さい頃から母親がよく口にしていました。私にとってこの言葉は、すごく大切な言葉で、「世のため人のため、より良い医療をより安く」を理念に掲げている北原国際病院なら、この言葉を実行に移せると思い入職を希望しました。

栗原4s薬剤師の業務で一番興味があるのは病棟業務です。当院では新卒一年目から様々な業務を経験することができ、入職数ヶ月で医師への相談も行っております。医師や看護師との距離が近く、情報交換を行う中で信頼関係が築かれていくのも感じられます。一年目から病棟を任せていただけることはプレッシャーではありますが、「患者様のため」という一心で知識と経験を身につけるために日々努力しています。

栗原3sまた、薬剤師以外の能力を発揮できる可能性があるという環境にも惹かれました。当院は医療職として採用された後にも、職種を超えて能力を発揮できる保険外事業が多数あります。北原国際病院のもう一つの理念「日本の医療を輸出産業に育てる」を形にした「日本の医療丸ごと輸出」と称される日本政府の施策もその一つです。こんな国外プロジェクトに関われるのも北原病院ならではだと感じています。

多岐にわたるプロジェクトに参加し、臨床の現場から離れて客観的な視野を持つという経験により新たな気づきが得られ、また臨床にフィードバックすることができると感じています。臨床で学べないことや、新たな壁、社会人としての自分を成長させる大事なステップがあなたを待っています。

お問合せ・資料請求フォームへ

プロフィール
2016年明治薬科大学を卒業。同年医療法人社団KNI入職。 北原国際病院薬剤科に所属し、薬剤師業務を行う。 数ヶ月の研修を経て、DI業務や医薬品管理業務を担当しながら病棟業務に取り組んでいる。
職種概要
薬剤師

●チーム医療
NST(栄養サポートチーム)では専門薬剤師がコアスタッフとして担当しています。輸液・経腸栄養、栄養治療方針について各職種から様々な相談を受け、評価に必要な検査を医師に依頼する事もあります。 2010年4月より栄養サポートチーム加算算定病院となっています。ICT(感染制御チーム)でも薬剤師は中心的な役割を担い、PK/PDに基づいた処方を提案します。その他褥創委員会などでも薬剤師は関わっています。医局回診には薬剤師も参加しています。

●学会・啓蒙活動
各種学会にて年に2~3題の発表を行なっています。日々勉強が必要な病院薬剤師にとって、院外での活動は様々な知識を得るチャンスです。その他外部での勉強会へ各自が積極的に参加しています。薬剤科では月に一度、勉強会を開催しています。

合わせて見る
〒192-0045
東京都八王子市大和田町1-7-23